MENU

話題のライスフォースを体験してみました〜♪

ライスフォースの化粧水と美容液とクリーム3点セット

濃密なライスパワーエキスの効果で、肌が本来もっている自分で潤う力を引き出してくれるライスフォース。化粧水・美容液・クリームの3ステップで、一度使ったら手放せない♪と、ずっとリピートされる方が多いんですね。

私も実際に10日間、基本の3ステップを使い続けてみたので、使用感や肌質の変化などをレビューします☆

乗せるだけで、内側までグングン吸い込まれる濃厚化粧水♪

ライスフォース化粧水のテクスチャと使い心地

すごく濃密な化粧水で、少しドロッとした粘性を感じるほどです。手のひらでそっと押さえつけてあげるようにすると、頬にピタッと吸いつきます☆モチモチとした弾力が生まれるので、ちょっと嬉しくなるんですね。

グングン奥にまで浸透してくれるので、ついつい何度も重ねづけしてしまいます。

潤いが毛穴の内側にまでしっかり届く保湿美容液♪

ライスフォース美容液を指先にとる

化粧水で整った肌に、しっかり内側にまで潤いを届けてくれますね。乾燥しがちな目元や口元などにも、指先で軽く重ねづけしてあげると、1日中カサつきを感じることがありません♪

一度使ってみると、贅沢な美容液♪という印象をもたれると思いますね。優しい付け心地なので、敏感肌の私でも安心してたっぷり使えます☆

ふっくらとしたハリのある肌に生まれ変わる保湿クリーム♪

ライスフォース保湿クリームのテクスチャと色味

ライスパワーエキスが濃厚に凝縮したクリームで、つけた後のハリ感が全く違いますね。ふっくらとした柔らかい肌に仕上げてくれるだけでなく、パーンとしたハリが生まれるんです☆

ぷにぷにの柔らかい肌が嬉しくなって、首元やうなじの方にまでついつい伸ばしてしまいます。夜寝る前には、忘れずにたっぷり使いたいクリームですね。

よく寄せられる質問はこちら


1日中しっかり朝の保湿感をキープしてくれますね〜♪

ライスフォース10日間トライアルセットの内容

どのアイテムもすごく濃密で、毛穴の奥にまでしっかり潤いが届いてくれる感覚☆さっぱりというよりも、しっとり仕上がるという感じでしょうか。それでいて余計な刺激がないので、敏感肌の私でもストレスなく使えますね。

乾燥肌でカサつきが気になる方や、敏感肌でこれまでしっかりとした保湿ケアができなかった方にはぴったりだと思います。

ライスフォースの基本3アイテムと米肌と肌極

 

米肌

ライスフォース

 

化粧水を比較

肌潤化粧水の標準ボトルデザインと内容量

ライスフォース化粧水の標準ボトルと配合成分表示

販売会社

コーセー

アイム

対象年齢

30代〜

-

対象肌質

乾燥肌

乾燥肌

主成分

ライスパワーNo.11

ライスパワーNo.11

独自成分

大豆発酵エキス

ビフィズス菌発酵エキス

-

価格

化粧水 5.000円(税抜,120ml)

化粧水 8000円(税抜,120ml)


しかしながら、同じライスパワーエキスを使用したコーセーさんの米肌・肌極と比べると、ちょっとお値段が高いのがマイナスポイントでしょうか。私個人の感想としては、どちらも保湿力はさすが♪という感じで大きな違いは感じられませんでした。

私は結局、これからの年齢肌に備えたいという気持ちもあって、今は米肌を愛用しています。肌に合う・合わないといった個人差もあると思いますので、一度色々と試されてみるのが一番なのかなと思いますね。

トップページへ戻る

このページの先頭へ